21SS LOOK1公開

  • issue #30

  • 目元と口元のカラーバランス

  • 21.5.20

わたしたちの気分はころころ変わります。日々の出来事や天候など、気持ちに作用することは暮らしの中に溢れていて、今日は凛とかっこよく、今日は華やかに可愛らしく……と、なりたい姿も日によってさまざま。

 

gem.が提案するメイクやファッションはそうした気分の変化に寄り添い、みなさんの美しさをちょっぴりサポートできていたら嬉しいです。

 

今回はgem.の定番アイテム、single eye colorとgemini lip stickを使った「ヌーディーなハンサムメイク」「大人の可愛さ漂うポイントメイク」をご紹介します。到着したばかりのnew itemも使用しつつ、印象が異なる2つのメイクアップは必見です。

 

 

ハンサム感漂う、ヌーディーカラーのワントーンメイク

ハンサムな印象に仕上げたい日は、ヌーディーカラーを使ったワントーンメイクを。

唇にツヤを持たせる分、肌や目元はマットな質感で全体を引き締めるのがこなれ感を演出するポイント。思い切ってチークレスにすることで、より大人っぽく仕上がります。

 

のっぺりとした印象にならないよう、「single eye color ニュアンスベージュ」で目元に深みを出します。

 

5月4日に発売したばかりの淡いベージュカラーは、これ一つで陰影感をつけたり、ベースとしても活用できたりと、とっても万能。アイホール全体に広めに伸ばしたら、目尻を囲むように下まぶたにも塗ることで、立体感のあるクールな目元に。

 

唇はあえてツヤっぽくして、夏らしさを演出。「gemini lip stick  シアーブラウン」は、透け感のあるヌーディーなブラウンベージュ。

落ち着いた雰囲気ながらも、自然な血色感をじんわりと上げてくれます。保湿効果が高い美容成分を含んでいるので、塗るとうるっとした質感に。マットな肌との対比が、ワントーンメイクにアクセントをプラスします。

 

<使用アイテム>

single eye color ニュアンスベージュ

gemini lip stick  シアーブラウン

 

 

 

春夏も赤リップで。引き算しすぎないポイントメイク

リップが主役のときは他をすべて引き算してしまいがち。でも大人のポイントメイクでは、抜けを意識しつつも顔全体のバランスを整えることも大切です。

 

春夏も涼しげな印象で赤リップを楽しむコツは、目元はアイラインでポイントをつくり、柔らかく明るめのトーンで囲んであげること。手抜き感も重たさも感じさせない、絶妙なバランスに仕上がります。

 

single eye color ライトアプリコット」を指につけて上まぶた全体にのせたら、チップを使って下まぶたにもオン。ゴールドとシルバー、2色のパールが入っているので、光の下で上品に輝きます。

 

肌なじみのいいアプリコットカラーは、甘すぎず大人のニュアンスメイクにぴったり。アイシャドウを塗ったら、ナチュラルブラウンのアイライナーをインラインに引いて、目元にアクセントを加えます。

 

ポイントとなるリップは、「gemini lip stick ポピーレッド」を使用。透け感のあるウォームレッドは、パッと口元を明るく見せてくれます。

リップラインはややオーバーにとるのが大人っぽく仕上げる秘訣。スティックのまま直塗りするか、指でトントンと少しずつのせて色付けたらポイントメイクの完成。

 

<使用アイテム>

single eye color ライトアプリコット

gemini lip stick ポピーレッド

 

 

その日の気分に合わせたメイクアップを楽しむことで、気持ちをちょっと前向きに。そんな体験を提供できていたらいいな、と思います。

 

 

 

 

Text : SAWA.

other journal

  • issue #013

  • 素材で遊ぶワントーンコーデ [2020 S/S] #gem_styling

  • 20.6.3

  • issue #25

  • 新たな色と、春のはじまり。2021 S/S LOOK公開

  • 21.1.29

  • issue #27

  • ディレクターが提案する gem.の冬→春ブリッジコーデ

  • 21.2.10

  • issue #28

  • 簡単なのにメイク上手に見える「抜け感メイク」のつくりかた

  • 21.4.27

  • issue #010

  • [New item] 使い回し力抜群の new color アンバーで春を先取る

  • 20.2.14